Entry: main  << >>
ルーンウォーズ:ミニチュアゲーム (RUNEWARS MINIATURES GAME) BOX開封

FFGから『ルーンウォーズ:ミニチュアゲーム』(RUNEWARS MINIATURES GAME) が発売されました。せっかくなので内容を少し紹介していきたいと思います(興味の続く限りw)。

 

 

このようなファンタジー系ミニチュアゲームや(特に戦争有りの)ボードゲームだと通常、BOXアートは双方の全軍激突イメージや格好良い騎士やヒーロー、ドラゴンなどが定番だと思うのですが、いきなりの巨大芋虫です…この《キャリオン・ランサー》(”Carrion Lancer”)は確かにモデル的にはこのセットの目玉のひとつですが…

 

 

裏面はこれも目玉といえる《ルーン・ゴーレム》(”Rune Golem”)ですが、普通はこっちを表にしないか?なお、箱を表裏並べてディスプレイすると繋がってひとつの絵になる構成です。表裏両面が前面アートのため、通常はBOX裏面に掲載される内容物などの表記は側面に載っています。

 

 

余談ですが未塗装の状態のフィギュア画像はどこにも無いんですよね…うっかり購入して「ペイント済みだと思ったのに!」ってならないかな(余計な心配ですが)。

 

 

箱を開けるとこんな感じに収まっています。小さいのはFFGのボードゲームカタログですな。フィギュアが多いので箱の大きさのわりに重量はそれほどでも。

 

 

ブックレットは、ルール全般とフィギュアの組立やペイントが載っている「プレイの手引き」(”LEARN TO PLAY”)、各キーワードや用語の定義が一覧で記載されている「ルール・ガイド」(”RULES REFERENCE”)、30ページ超(!)の世界設定本「ロア・ガイド」(”LORE GUIDE”)の3冊が入っています。プレイ手引きとルールガイドの構成は「ウォーハンマークエスト:カードゲーム」と同じですね。

 

 

各種テレイン、移動用のテンプレート、ダイヤル類(ユニットの行動は全てダイヤルでプロットします)、トークン類など。魔法のトークンはもうちょっと厚手の方がいいかも(テンプレート類は多分サードパーティーからプラ製のが発売されるでしょうがw)。

 

 

真ん中はカード類とダイス、フィギュア用のベーストレイです。フィギュアは左右のスペーサーの下に収まっています。

 

 

 

 

 

| uo-han | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:07 | - | - |
Comment








Trackback

八門島の合戦 season2

ルールおよび設定はこちら

キャンペーン参加アーミー

ブレトニア(仮)/レックス
エンパイア(仮)/ふらむ
ケイオスドワーフ(仮)/如意自在
グリフォンの湖領/盗り夫

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Recommend

PR